• リニアクランパ・ズィー®(リニアガイド用ブレーキ・クランプ機構)

MK-2007-AR

リニアクランパ・ズィー - 空気圧 - 常時開

Clamping Elements for Linear Guideways

  • 常時開
  • 空気圧タイプ

形状図

MKリニアクランパ・ズィー - 空気圧 - 常時開寸法図

クランプ部の形状は品番により異なります。各品番の形状は、CADデータをご確認ください。

MKリニアクランパ・ズィー - 空気圧 - 常時開寸法図

寸法・CAD・価格

単位 : mm

品番 A A1 A2 B1 B2 B3 G H 保持力
(N)*1
質量
(kg)
価格
(円)
CAD
ダウンロード
標準品を購入 在庫/非在庫
MK-2007-AR 63 20 5 42 20 11 M5 5.5 650 0.46 - CAD 見積り 非在庫

*1: 圧力が0.6MPaのときの値です。保持力は0.3MPa~0.6MPaの範囲では圧力に比例します。
●MKの高さをキャリッジの高さに揃えるためのアダプタプレートPMKを用意しています。

構造

MK_Cリニアクランパ・ズィー - 空気圧 - 常時開


材質・仕上げ

MK
本体 SCr415相当
無電解ニッケルメッキ
エアフィルタ 真鍮
コンタクトセクション SUJ2相当
表面処理なし
アジャストスクリュー SUJ2相当
表面処理なし
キャップ SUS303

特長

  • テーブルの保持・位置ぎめ・びびり防止に。
  • 常時開(Normally Open)タイプです。
    空気圧供給時:リニアガイドウェイのレールをクランプします。
    空気圧排出時:クランプを開放します。
  • コンパクト設計。
  • 各種試験データについては、下記ページをご参照ください。
  • 既存システムへの組みつけも容易です。リニアガイドウェイのレールの延長、テーブルサイズの変更など、設計変更は不要です。

MK_Cリニアクランパ・ズィー - 空気圧 - 常時開


仕様

制御方式 空気圧・常時開
最低使用圧力 0.3MPa
最高使用圧力 0.65MPa
レスポンスタイム max. 0.06s
クランプ寿命*1 500万回
使用温度 -10℃~+70℃
適用レールの呼び #12~#100

*1: 参考値であり、保証値ではありません。


取りつけ

ねじの呼び*1 締めつけトルク
(N・m)
M4 2.8
M5 5.5
M6 9.5
M8 23
M10 46

*1: 強度区分8.8以上のねじをご使用ください。
安全上の注意( ⇒安全上の注意 ) 、設計における注意事項( ⇒設計における注意事項 ) 、取りつけ手順( ⇒取りつけ手順 ) を事前にご確認ください。


配管

レールの呼び ねじの呼び 空気消費量*1
(ℓ/サイクル(ANR))
#12 M5 0.007
#15 M5 0.011
#17 M5 0.007
#20 M5 0.019
#21 M5 0.011
#25 M5 0.021
#27 M5 0.019
#30 M5 0.031
#35 M5 0.031
#45 M5 0.041
#50 M5 0.031
#55 M5 0.041
#65 M5 0.041

*1: 圧力が0.6MPaのときの値です。


保持力

本カタログに記載の保持力は、圧力が0.6MPaのときの値です。
保持力は0.3MPa~0.6MPaの範囲では圧力に比例します。

MK_Cリニアクランパ・ズィー - 空気圧 - 常時開

  • MKの大きな保持力は、ウェッジスライドギアの楔効果によって発生します。

空気圧による力Fは、ピストンに加わるとウェッジスライドギアの楔効果により力Nに変換。このとき、力Nは力Fの1/tanθ(θは楔の角度)倍の大きさになります。この力Nがリニアガイドウェイのレールとの間で摩擦力Rを生みだし、MKの大きな保持力となります。

MK_Cリニアクランパ・ズィー - 空気圧 - 常時開


関連商品

MKの高さをキャリッジの高さに揃えるためのアダプタプレートPMKを用意しています。
PMK

MK_Cリニアクランパ・ズィー - 空気圧 - 常時開

空気圧タイプ・常時閉のMKSがあります。
MKS

MK_Cリニアクランパ・ズィー - 空気圧 - 常時開


商品品番一覧

●NBKウェブサイトに記載の寸法・形状その他の規格は改良のため予告なく変更することがあります。
●NBKウェブサイトに記載の商品の不具合によって発生した損害については、損害を発生させた商品のご購入代金を補償の上限とさせていただきます。
●NBKウェブサイトの制作には正確を期していますが、誤記・脱字による損害については責任を負いかねます。

よく見られている記事