リニアクランパ・ズィーの停止距離の計算(ブレーキタイプ)

このエントリーをはてなブックマークに追加

ブレーキ機構つきタイプを使用する場合には、停止距離を計算し、
必要十分なレール長さを確保してください。
停止距離の計算にあたって、いくつかのデータが必要となります。
必要に応じて空気圧機器・油圧機器その他のメーカーに
直接お問い合わせください。

MBPS
UBPS
LBPS
RBPS
KBH
KBHS

公式

リニアクランパ・ズィー®の品番・数量 A(個)
保持力
(各商品ページの寸法・性能表をご参照ください。)
F(N)
初速 V0(m/s)
重力加速度 g(m/s2)
移動体の質量 m(kg)
リアクションタイム
用語説明をご参照ください。)
tR(s)
レスポンスタイム
(各商品ページをご参照ください。)
tA(s)
動摩擦係数 μG
静摩擦係数 μH

計算例

使用するリニアクランパ・ズィー® UBPS-3501-ES1
1個
保持力 F = 2800(N)
初速 V0 = 2(m/s)
重力加速度 g = 9.81(m/s2
移動体の質量 m = 50(kg)
リアクションタイム tR = 0.06(s)
レスポンスタイム tA = 0.01(s)
動摩擦係数 μG = 0.06
静摩擦係数 μH = 0.1

リアクションタイム・レスポンスタイム・動摩擦係数・静摩擦係数は使用環境により変化します。事前に予備試験を行い、確認することを推奨いたします。

水平軸で使用する場合

空走距離の計算

SR=L0+L1=V0・(tR+tA)
SR:空走距離(m)
L1:リアクションタイム間の空走距離(m)
L1:レスポンスタイム間の空走距離(m)

空走距離の計算例

SR=2・(0.06+0.01)=0.14(m)

制動距離の計算

Wkin:運動エネルギ(J)
WFric:摩擦エネルギ(J)
SB:制動距離(m)

制動距離の計算例

停止距離の計算

SH=SR+SB
SH:停止距離(m)

停止距離の計算例

SH=0.14+0.06=0.2(m)

垂直軸で使用する場合

空走距離の計算

空走距離の計算例

制動距離の計算

V2=V0+g(tR+tA

V2:ブレーキ開始時の速度(m/s)

制動距離の計算例

V2=2+9.81(0.06+0.01)≒2.69(m/s)

停止距離の計算

SH=SR+SB

停止距離の計算例

SH=0.164+0.152=0.316(m)

このエントリーをはてなブックマークに追加

商品に関するお問い合わせなど、
お気軽にご連絡ください。

鍋屋バイテック会社コンタクトセンター

平日9時~17時15分まで (土日祝日を除く)