• カップリング
  • オルダムタイプ

MOR-38C-18-20

フレキシブルカップリング - オルダムタイプ - クランピングタイプ

Oldham-type Flexible Coupling

  • 高トルク
  • 許容ミスアライメント大

形状図

MOR-Cフレキシブルカップリング - オルダムタイプ - クランピングタイプ寸法図

寸法・CAD・価格

単位 : mm

品番 A L W E F G M ねじ締めつけ
トルク(N・m)
価格
(円)
CAD
ダウンロード
標準品を購入 備考
MOR-38C-18-20 38 12.1 40.1 20.3 6 14.2 M5 4 3,810 CAD カート -

品番 スリップトルク 最大軸穴径
(mm)
常用トルク
(N・m)*1
最大トルク
(N・m)*1
最高回転数
(min-1)
慣性
モーメント
(kg・m2)*2
静的ねじり
ばね定数
(N・m/rad)
許容偏心
(mm)
許容偏角
(°)
質量
(g)*2
MOR-38C-18-20 - 20 28 56 16000 1.5×10-5 1500 2.5 3 67

*1: 負荷変動がなく、一方向回転時の値です。負荷変動が大きい、または正逆運転がある場合は余裕を持ったサイズを選択してください。周囲温度が30℃を超える場合は、常用トルク・最大トルクを下表の温度補正係数で補正してください。MOR-Cの使用可能温度は-20℃~80℃です。

軸穴径のサイズにより、軸のスリップトルクがカップリングの常用トルクより小さくなる場合があります。MORMOR-CMOR-K

*2: 最大軸穴径での値です。

スリップトルク

クランピングタイプのMOR-Cは下表のように、軸穴径によって軸のスリップトルクが異なります。選定の際は注意してください。

単位 : N・m

品番 軸穴径
3 4 5 6 6.35 8 9.525 10 12 14 15 16 18 20 22 25 28 30 35
MOR-12C 0.8 1.9 2.4
MOR-15C 2.3 3.5 4.8
MOR-17C 2.7 3.6 4
MOR-20C 3.7 4.2 4.3 5.7 6.1
MOR-26C 4 6.4 9.3 11
MOR-30C 7.5 13 13 17 20
MOR-34C 16 18 23 30
MOR-38C 19 20 24 30 34 37 38
MOR-45C 34 41 42 44 48
MOR-55C 73 75 88
MOR-68C 100 100 100 100 110 110

軸の寸法許容差h7、硬度34-40HRC、MOR-Cの寸法・価格表に記載のねじ締めつけトルクの値での試験値であり保証値ではありません。
スリップトルクは使用条件により変化します。事前に実際と同じ条件でテストしてください。


周囲温度・温度補正係数

周囲温度 温度補正係数
-20℃~30℃ 1.00
30℃~40℃ 0.80
40℃~60℃ 0.70
60℃~80℃ 0.55

構造

セットスクリュータイプ

MOR MOR

MOR/MOR-C/MOR-K/MOR-CK_Cフレキシブルカップリング - オルダムタイプ

クランピングタイプ

MOR-C MOR-C

MOR/MOR-C/MOR-K/MOR-CK_Cフレキシブルカップリング - オルダムタイプ

セットスクリュー+キータイプ

MOR-K MOR-K

MOR/MOR-C/MOR-K/MOR-CK_Cフレキシブルカップリング - オルダムタイプ

クランピング+キータイプ

MOR-CK MOR-CK

MOR/MOR-C/MOR-K/MOR-CK_Cフレキシブルカップリング - オルダムタイプ


材質・仕上げ

MOR-C
ハブ A2017
アルマイト処理
スペーサ ポリアセタール
六角穴付き止めねじ SCM435
四三酸化鉄皮膜(黒)
六角穴付きボルト SCM435
四三酸化鉄皮膜(黒)

特長

  • 適用推奨モータ
MOR
サーボモータ
ステッピングモータ
一般汎用モータ

◎:非常にすぐれている ○:すぐれている ●:使用可

  • 特性
MOR
高トルク
許容ミスアライメント
偏心反力小
電気絶縁性
使用可能温度 -20℃~80℃

◎:非常にすぐれている ○:すぐれている

  • オルダムタイプのフレキシブルカップリングです。
  • ハブとスペーサがスリップすることにより、大きな偏心・偏角を許容します。
  • ミスアライメントにより発生する偏心反力が小さく、軸への負担を軽減します。
  • シンプル構造で組み立てが簡単です。

用途

スパッタリング装置/パーツフィーダ/工作用ミシン/アミューズメント機器

使用上の注意

Dカット軸に取りつける場合は、軸のDカット面の位置に注意してください。⇒取り付け・メンテナンス
カップリングの外径から六角穴付きボルトが飛び出して、回転直径が外径より大きくなるサイズがあります。カップリングの干渉に注意してください。 


選定

軸径・常用トルクによる選定

軸径と常用トルクが交差した領域が選定サイズになります。

MOR/MOR-C/MOR-K/MOR-CK_Cフレキシブルカップリング - オルダムタイプ

MOR/MOR-C/MOR-K/MOR-CK_Cフレキシブルカップリング - オルダムタイプ

選定例

選定条件が軸径φ6、負荷トルク0.3N・mのとき、選定サイズはMOR-15です。

常用トルクの比較

MOR-Cフレキシブルカップリング - オルダムタイプ - クランピングタイプ


スペーサ(ポリアセタール)の耐薬品性

影響
耐候性 わずかに変色
耐弱酸性 大体耐える
耐強酸性 侵される
耐弱アルカリ性 大体耐える
耐強アルカリ性 大体耐える
耐有機溶剤性 抵抗性を有する

スペーサ(ポリアセタール)の物性

試験方法 単位 ポリアセタール
密度 ISO 1183 g/cm3 1.36
吸水率
(23℃、浸漬24hr)
ISO 62 0.7
引張強さ ISO 527-1、2 N/mm2 52
曲げ強さ ISO 178 N/mm2 72
シャルピー衝撃強さ
(ノッチ付き)
ISO 179/1eA kJ/m2 5.9
荷重たわみ温度
(1.8MPa)
ISO 75-1、2 85
絶縁破壊強さ
(3mmt)
IEC 60243-1 kV/mm 20
体積抵抗率 IEC 60093 Ω・cm 1×1014
燃焼性 UL94 - HB

スペーサの突起構造

スペーサの突起構造が大きな偏角を無理なく許容。軸への負担を軽減します。

MOR/MOR-C/MOR-K/MOR-CK_Cフレキシブルカップリング - オルダムタイプ

スペーサに突起のないオルダムタイプカップリングでは、スペーサとハブが外径付近で干渉するため、許容偏角が小さく(1°-1.5°)、また、軸に曲げモーメントが発生します。
NBKのオルダムカップリングは、突起が支点となり、容易に偏角を許容。曲げモーメントが発生しません。このため、許容偏角が大きく(3°)、また軸への負担を軽減します。


偏心反力

ハブとスペーサの初期スリップ荷重値です。
なじみ運転後にスリップ荷重は小さくなり、ミスアライメントにより発生する軸荷重が低下し、軸受などへの負荷が軽減します。

MOR/MOR-C/MOR-K/MOR-CK_Tテクニカル・インフォメーション

MOR/MOR-C/MOR-K/MOR-CK_Tテクニカル・インフォメーション


温度による静的ねじりばね定数の変化

20℃における静的ねじりばね定数を100%とした場合の値です。
使用温度の範囲内での静的ねじりばね定数の変化はグラフのとおりです。
ご使用にあたっては応答性の低下に注意してください。

MOR/MOR-C/MOR-K/MOR-CK_Tテクニカル・インフォメーション


関連商品

金属スペーサのオルダムタイプカップリングMOMがあります。
MOMMOM-CMOM-K

MOR/MOR-C/MOR-K/MOR-CK_Cフレキシブルカップリング - オルダムタイプ


関連サービス

●NBKウェブサイトに記載の寸法・形状その他の規格は改良のため予告なく変更することがあります。
●NBKウェブサイトに記載の商品の不具合によって発生した損害については、損害を発生させた商品のご購入代金を補償の上限とさせていただきます。
●NBKウェブサイトの制作には正確を期していますが、誤記・脱字による損害については責任を負いかねます。

よく見られている記事