• クランプレバー

LUDM-78-10-50-W-BK

プラクランプレバー - ばね座金組み込みタイプ

Plastic Clamp Lever with Spring Washer - Double Arm Type

形状図

LUDM-Wプラクランプレバー - ばね座金組み込みタイプ寸法図

寸法・CAD・価格

絞り込み

M(並目)
ねじの呼び
すべて
M10
Lm
すべて
50
本体
カラー
すべて
BK

単位 : mm

品番 M(並目)
ねじの呼び
ピッチ Lm W H H' h s T D d Ds ts Dw tw s1 歯数 最大荷重*1
(N)
最大締付力*1
(kN)
質量
(g)
本体
カラー
価格
(円)
CAD
ダウンロード
標準品を購入 在庫/非在庫
LUDM-78-10-50-W-BK M10 1.5 50 78 35 39 36 2 24.3 22 16 18.4 2.5 20 1 7 26 390 11 88 BK 1,050 CAD カート 在庫品

*1: 最大荷重・最大締付力の定義について⇒クランプレバー・テンションレバーの使用方法について

上記条件に該当する商品はございません。

申し訳ございませんが、お客さまがご入力された内容で該当する
商品がございませんでした。
ご入力いただいた値を変更し、再検索してみてください。

鍋屋バイテック会社では、お客さまのご要望に応じて、
商品のカスタマイズも行っています。
お問い合わせフォームよりお気軽にお問い合わせください。

鍋屋バイテック会社
コンタクトセンター

カスタマイズなど商品に関するお問い合わせなどはこちらからお問い合わせください。

お問い合せはこちら

材質・仕上げ

LUDM-W
レバー部 ナイロン6(各色)
ねじ部 SUM22L
四三酸化鉄皮膜(黒)
ばね座金 SUS304
平座金 SUS304
止めねじ スティール
四三酸化鉄皮膜(黒)
セレーションリング 亜鉛ダイカスト
スプリング ステンレス鋼線

特長

  • ばね座金が組み込まれた、ダブルアームタイプのプラスティック製クランプレバー。
  • ばね座金を組み込む作業が不要です。
  • 特殊形状の平座金が、ばね座金の脱落を防止します。
  • 平座金はねじ山に沿って回転させることで、取りはずすことができます。ばね座金を別の座金部品に交換することもできます。

LUDM-Wプラクランプレバー - ばね座金組み込みタイプ

  • ユニバーサルデザインの7原則に配慮して設計。力がかかりやすく、操作しやすい形状です。
  • ユニバーサルデザインについて⇒UDEX®シリーズ
  • 回し半径は従来のプラクランプレバーの約半分。省スペース。
  • 亜鉛ダイカスト製のセレーションリングをプラスティック製レバー本体にインサート。金属製のねじのセレーションとのかみ合いにも充分な強度を実現しています。
  • 機械・装置のカラーユニバーサルデザイン化をサポートする5色カラーバリエーション。ダークグレーと各色との美しいツートンカラー。
  • 品番の末尾記号により、レバー部の色が選択できます。
末尾記号 レバー部の色
BK つや消し黒
SG つや消しシルバー
OR つや消しオレンジ
BL つや消しブルー
YW つや消しイエロー

"落ちない座金"でイライラ解消!座金組み込みクランプレバー


クランプレバー&テンションレバーの正しい使い方

使用上の注意

レバーの締めつけ前に、図1のように平座金がヌスミ加工部にあることを確認してください。図2のように平座金がねじ山にかかった状態で締めつけると平座金が変形することがあります。

LUDM-Wプラクランプレバー - ばね座金組み込みタイプ


使用例

長穴の締めつけにもご使用いただけます。

LUDM-Wプラクランプレバー - ばね座金組み込みタイプ

長穴の幅は、ねじの呼び+0.5mm以下としてください。


関連商品

ばね座金が組み込まれていないプラクランプレバーLUDMがあります。
LUDM

LUDM-Wプラクランプレバー - ばね座金組み込みタイプ

平座金が組み込まれたプラクランプレバーLUDM-LWがあります。
LUDM-LW

LUDM-Wプラクランプレバー - ばね座金組み込みタイプ

長穴用座金が組み込まれたプラクランプレバーLUDM-LWPがあります。
LUDM-LWP

LUDM-Wプラクランプレバー - ばね座金組み込みタイプ


関連サービス

●NBKウェブサイトに記載の寸法・形状その他の規格は改良のため予告なく変更することがあります。
●NBKウェブサイトに記載の商品の不具合によって発生した損害については、損害を発生させた商品のご購入代金を補償の上限とさせていただきます。
●NBKウェブサイトの制作には正確を期していますが、誤記・脱字による損害については責任を負いかねます。

よく見られている記事