• 機能レバー

LXY-A

インデックスメカニズム

Indexing Mechanism

形状図

LXY-Aインデックスメカニズム寸法図

寸法・CAD・価格

単位 : mm

品番 Lc h s B C D Pcs d1 h' t b 歯数 質量
(g)
価格
(円)
CAD
ダウンロード
標準品を購入 在庫/非在庫
LXY-44-C10-A 31 43 6 33 10 44 33 23 47 1.4 3 60 310 12,500 CAD カート 在庫品
LXY-44-C12-A 31 43 6 33 12 44 33 23 47 1.1 4 60 300 12,500 CAD カート 在庫品
LXY-52-C14-A 31.5 43.5 6 42 14 52 41.8 31.5 47.5 1.3 5 60 470 14,400 CAD カート 在庫品
LXY-52-C16-A 31.5 43.5 6 42 16 52 41.8 31.5 47.5 1.3 5 60 460 14,400 CAD カート 在庫品

材質・仕上げ

LXY-A
本体 SUM22L
四三酸化鉄皮膜(黒)

特長

  • 6°またはその整数倍の角度で、すなわち2・3・4・5・6・10・12・15・20・30の分割で割り出しができます。
  • 鋸製のセレーションを利用した構造で、正確でしかも耐久性にすぐれています。
  • 材質は2種類。
    LXY-A----スティール製
    LXYS-A----ステンレス製
  • 目盛りやシンボルマークの彫刻もできます。
    コンタクトセンターへお問い合わせください。

LXY-Aインデックスメカニズム


構造

インデックスメカニズムはそれ自体で完結したユニットで、角度調整と位置確保のためのメカニズムをコンパクトにまとめています。ユニットはつぎの3つのメインパーツからなっています。
  • ブシュ
    キーあるいはピンなどによりシャフトに固定します。外周にはセレーションが加工されています。
  • ロケーションリング
    皿小ねじ(ねじ径:M5)3本を使用して機械・装置に固定します。外周にはセレーションが加工されています。ブシュはロケーションリングに対し自由に回転します。
  • アウターリング
    ロックした状態において、アウターリングの内周に加工されたセレーションはブシュおよびロケーションリングのセレーションとかみ合います。

LXY-Aインデックスメカニズム


使用方法

  1. アウターリングを引き上げれば、内蔵されたスプリングが圧縮され、アウターリングのセレーションはロケーションリングのセレーションからはずれます。
  2. アウターリングのセレーションはブシュのセレーションとはかみ合っており、アウターリングをまわせばシャフトは自由に回転します。
  3. アウターリングを離せばスプリングの力でもどり、ロケーションリングのセレーションと再びかみ合い、ロックの状態になります。

決められた角度、決められた位置にのみ割り出しを行う場合。

ロケーションリングに対してブシュ(=シャフト)が対応する位置になったときにのみ結合するように、ロケーションリングにピンを立てます。
アウターリングには、ピンがはまり込む穴を所定の位置に加工します。
セレーションのかみ合いで正確な位置決めができるため、この穴の加工はラフなもので充分です。
目盛りやシンボルマークをつけておけばより使いやすくなります。

LXY-Aの内部構造

LXY-Aインデックスメカニズム


関連商品

レバーつきのインデックスメカニズムLXY-BLXY-Cがあります。
LXY-BLXY-C

LXY-Aインデックスメカニズム


関連サービス

商品品番一覧

●NBKウェブサイトに記載の寸法・形状その他の規格は改良のため予告なく変更することがあります。
●NBKウェブサイトに記載の商品の不具合によって発生した損害については、損害を発生させた商品のご購入代金を補償の上限とさせていただきます。
●NBKウェブサイトの制作には正確を期していますが、誤記・脱字による損害については責任を負いかねます。

よく見られている記事