• 構造部品

FSLE

ホルダつき丸形水平器-組み込みタイプ

Bull's Eye Level for Installation in Plate and Housing

形状図

FSLEホルダつき丸形水平器-組み込みタイプ寸法図

寸法・CAD・価格

単位 : mm

品番 D H 質量
(g)
価格
(円)
CAD 標準品を購入 備考
FSLE-10-N-10-BK 10 6.9 1 2,790 CAD カート -
FSLE-12-N-10-BK 12 6.4 1.5 2,790 CAD カート -
FSLE-14-N-10-BK 14 6.2 2 2,790 CAD カート -
FSLE-15-N-10-BK 15 7.4 2.5 2,790 CAD カート -
FSLE-18-N-10-BK 18 7.3 4 2,880 CAD カート -

材質・仕上げ

FSLE
ホルダ アルミニウム合金
アルマイト処理(黒)
気泡管 ガラス

特長

  • 組み込みタイプの気泡管水平器。
  • 気泡管水平器について⇒気泡管水平器とは
  • 気泡管の標線と気泡の位置関係から、取りつけ面の360°方向の水平状態を確認できます。
  • 金属ホルダに覆われているため耐久性があります。
  • 水平基準面はありません。機器・装置が水平な状態で気泡を標線の中心に合わせて取りつけてください。
  • 光の反射により気泡の視認性を向上させます。

性能

品番 感度( '/2mm )
FSLE 10

気泡管水平器とは

気泡管水平器は、液体中の気泡を用いて測定対象の水平状態を確認する機器です。
また、標線と気泡の位置関係から測定対象が傾斜している角度および方向も確認できます。
機器・装置で水平基準を最適に設定しておくことで、メンテナンス・移動後の水平状態が適正か確認できます。

使用方法

水平器を測定対象に正しく設置します。
測定対象が水平であれば、水平器の気泡は標線の中心に位置します。傾斜している場合は、標線と気泡の位置関係から、傾斜方向および角度を確認し、気泡が標線の中心になるように測定対象を調整します。

FSLA/FSLA-AP/FSLB/FSLC/FSLD/FSLE/FSLF/FSLG_T気泡管水平器について


気泡管水平器の種類

気泡管水平器には、丸形タイプと一軸タイプがあります。
丸形タイプは、360°方向の水平および傾斜方向・角度が確認できます。一軸タイプは、取りつけ方向に沿った一方向の水平および傾斜角が確認できます。

感度とは

気泡管水平器の感度は、気泡を一定長さ移動させるのに必要な傾斜角のことです。NBKの気泡管水平器では、気泡を2mm移動させるのに必要な傾斜角(')を感度Wとして表示しています(1'=1/60°)。たとえば、W=6'/2mmの場合、気泡を2mm移動させるには、気泡管水平器を6'傾斜させる必要があります。感度は、(')(°)による角度表示の他、底辺1mに対する高さを表す勾配(mm/m)を用いることがあります。

FSLA/FSLA-AP/FSLB/FSLC/FSLD/FSLE/FSLF/FSLG_T気泡管水平器について

気泡管水平器の感度

感度:気泡を2mm移動させるために必要な傾斜角 適応気泡管水平器
(') (°) 勾配(mm/m)
6 0.1 1.75 FSLF-6 FSLF
10 0.17 2.91 FSLE FSLE
30 0.5 8.73 FSLA FSLA FSLB FSLB FSLC FSLC FSLD FSLD
40 0.67 11.64 FSLG FSLG
50 0.83 14.55 FSLF-50 FSLF

商品品番一覧

●NBKウェブサイトに記載の寸法・形状その他の規格は改良のため予告なく変更することがあります。
●NBKウェブサイトに記載の商品の不具合によって発生した損害については、損害を発生させた商品のご購入代金を補償の上限とさせていただきます。
●NBKウェブサイトの制作には正確を期していますが、誤記・脱字による損害については責任を負いかねます。

商品に関するお問い合わせなど、
お気軽にご連絡ください。

鍋屋バイテック会社コンタクトセンター

受付時間 平日9:00-17:15
(12:00-13:00 および 土日祝日・当社指定の休日を除く)
お電話でのお問い合わせについて