IO-Link対応電動グリッパ

このエントリーをはてなブックマークに追加

IO-Linkとは

コントローラ・センサ・アクチュエータなどと通信できるようにするための世界で初めて標準化(IEC-61131-9)されたIO技術。
導入メリットとして、段取・復旧時間が短縮できる、予兆保全ができる、ノイズ耐性が高い、測定値の誤差がない、配線を標準化できる、既存のフィールドバスがそのまま使用できるなどがあげられます。

フィールド最下層との双方向通信を可能にする革新的な通信規格"IO-Link"

PCなどの操作端末からグリッパなどの末端機器まで一括で制御・管理

作業者が手動で行っていた温度管理やセンサ読み取りも、IO-Linkの双方向通信なら、末端機器から活動データを直接制御PCに送信。工数削減や人員負担の軽減、生産性の向上が期待できます。
IO-Linkは、国際規格IEC61131-9で規定されたセンサおよびアクチュエータと、PC等の操作端末との双方向通信を行う情報技術です。インダストリー4.0を背景に注目を集めており、今後日本でもさらなる拡大が見込まれます。

導入が容易

本来、新しいネットワークの導入には大きな労力が必要となりますが、IO-Linkは既存のフィールドバスとの接続も簡単です。
CC-Link、EtherNet、EtherCAT、DeviceNet、PROFIBUSなど他のネットワークをご使用の場合でも、特別な設定をすることなく接続することができます。

取得可能なデータ例

下記の情報を取得することで、IO-Link対応機器の活動を管理できます。

  • 機器の個体識別情報
  • 温度、サイクル数などのメンテナンス情報
  • 機器のエラー情報
  • センサのON/OFF信号
  • 位置情報や操作完了などの診断情報

各種設定データをバックアップ

特別な設定をしなくても、データのバックアップが作成されます。IO-Link対応機器が破損した場合にも、破損機器を交換するだけで、バックアップデータにより、再設定不要でご使用いただけます。交換したIO-Link機器へは、バックアップデータが自動転送されます。

高い汎用性

通常のI/O接続も併用可能なほか、市販されている汎用のケーブルとコネクタをご使用いただけます。

  • 標準3芯非シールドケーブル
  • 汎用M12コネクタ

IO-Link導入に必要なもの

①IO-Linkマスタ:PCなどの操作端末とIO-Link機器の中継
②IO-Link機器:グリッパ、センサなど
③標準非シールドケーブル(Class B port):①と②のケーブル
④IODD(IO Device Description):IO-Link機器の情報、IO-Link機器に同梱されているもの
⑤エンジニアリングツール:IO-Link対応機器の設定ソフトウェア

*IO-Linkシステムを構成する際は、各コンポーネンツが、ご使用になるIO-Linkマスタに適合するかをご確認ください。
 マスタに適合しない商品を選定されますと、正常に動作しない可能性がございます。

ロボットアームはIO-Link導入でこう変わる

グリッパにまつわる、こんなお悩みを解決!

  • 不具合の原因箇所がわからず、ライン復旧に大幅な時間がかかってしまった。
  • 複数のグリッパを手動制御するので、工数増加・ヒューマンエラーの原因になっている。
  • グリッパが予想以上の高温になり、故障の原因に。
  • グリッパのサイクル数がカウントできず、予兆保全ができなかった。
といった、グリッパを手動制御していることで発生しがちな事故やお悩みを解決します。

このエントリーをはてなブックマークに追加

商品に関するお問い合わせなど、
お気軽にご連絡ください。

鍋屋バイテック会社コンタクトセンター

平日9時~17時15分まで (土日祝日を除く)