公開日:2020年05月10日

医療機器(生化学分析装置)の課題を解決する

このエントリーをはてなブックマークに追加

生化学分析装置の設計において重要となる、清潔性や安全性を保つ方法をご紹介。

01.作業者の身長や作業内容に合わせてモニターを移動したい

アームタイプ、調整角度、さまざまな取りつけ場所に対応したディスプレイ固定部品があります

モニターを自由な位置に調整できます。

ディスプレイ機器固定部品   画N固(がんこ)


02.部品の腐蝕を防止したい

薬品がかかったり頻繁に清掃する部分には耐蝕性にすぐれた部品を使用しましょう

耐薬品性にすぐれたねじがあります。

耐薬品ねじ


オールステンレスの部品があります。耐蝕性にすぐれたSUS316L・SUS304製もあります。

スリーロブノブ(SUS316L製)   KTLFS-M-A4


ステンレスハンドノブ(SUS304製)   KDHMS


03.カバー落下の安全対策に

カバーの角度、開閉スピードを調整できるヒンジを使用しましょう

開・閉のトルクが異なるヒンジがあります。

トルクヒンジ   E6


特定の角度でカバーを保持できるヒンジがあります。

ドアポジショニングヒンジ   C6


04.撹拌機の高速回転時の振動を抑えたい

振動吸収ができるカップリングを使用しましょう

カップリングが回転時の振動を吸収するため、高速回転が可能です。装置の騒音も防止します。

高減衰能ゴムカップリング   XGT2


課題・事例 生産性・作業性向上 安全対策・予防措置 振動抑制・高精度 耐熱性・耐蝕性 医療機器 課題解決事例集 カップリング 特殊ねじ 機械要素部品
このエントリーをはてなブックマークに追加