公開日:2020年05月10日

Vプーリーの伝動効率を向上したい【安全・予防措置】

このエントリーをはてなブックマークに追加

5年ごとの交換でVプーリーの伝動効率をアップしましょう

Vプーリーの、摩耗量の点検目安は1年ごと、交換目安は5年ごとが推奨されています。摩耗を確認するためのゲージを使用してV溝側面とゲージの隙間を確認しましょう。0.8mmを超えていたら交換の目安です。

プーリーの溝摩耗による3つのトラブル

伝動効率低下

ベルトに不均一な力が作用したり、スリップが増大して、伝動効率が低下します。

ベルト寿命低下

ベルト摩耗が早まり、亀裂・剥離も発生しやすくなり、ベルト寿命が低下します。

騒音・振動発生

ベルトスリップの騒音、ベルト張力のバラつきによる振動が発生する恐れがあります。

推奨商品

Vプーリー用溝ゲージ

課題・事例 安全対策・予防措置 工作機械 半導体製造装置 食品機械 自動車製造工程 医療機器 FA機器 課題解決事例集 プーリー・シーブ 鋳物
このエントリーをはてなブックマークに追加