よくあるご質問(FAQ)

お客さまからよくいただくご質問とその答えをご紹介します。

目次

お取引について

Q. ネットショップで「お客さま登録」をしましたが、ログインできません。
Q. ネットショップの「購入の流れ」を教えてください。
Q.「納期」を教えてください。
Q.「送料」はかかりますか。
Q.「キャンセル」はできますか。
Q. 出荷は何県からですか。
Q. ネットショップで利用可能な「運送会社」を教えてください。
Q. ネットショップで購入した商品の「見積書」「領収書」「納品書」は発行できますか。

商品について

プーリー・シーブ

Q. プーリーは軸穴加工済みですか。(Vプーリー追加工サービス)
Q.「JISプーリー」と「標準Vプーリー」との違いは何ですか。
Q.「軸穴公差」について教えてください。
Q. 追加工サービス記号(BKSやBKW)の“B”はどのような意味ですか。
Q. ブッシングの取りつけ方法を教えてください。
Q. 複数掛けVプーリーの特定のベルトだけ摩耗が激しいのですがなぜでしょうか。
Q. 多本結合ベルト(バンドー化学(株)/パワースクラム®,三ツ星ベルト(株)/マルチ)は使用できますか。

カップリング

▶ミニチュア・カップリング

Q. カタログに記載のない軸穴径のカップリングは注文できますか。(カップリング軸穴追加工サービス)
Q. キーは使用できますか。
Q. シャフトの挿入量を教えてください。
Q. 電気絶縁性について教えてください。
Q. カップリングの周辺に必要なスペースはどれくらいですか。
Q. 軸の固定にはどのような方法がありますか。
Q. カップリングの伝達可能トルクの確認方法を教えてください。
Q. ジョータイプカップリング(MJT・MJB)のスリーブはどれを選択すれば良いですか。
Q. 締めつけトルクの管理方法を教えてください。
Q. Dカット軸やキー溝がある軸は使用できますか。
Q. 軸が空回り(スリップ)しました。どうすれば良いですか。

▶フランジ型軸継手

 Q. フランジ形たわみ軸継手を組み付ける際に、どちらの継手本体をモータに取りつけるべきですか。

特殊ねじ

Q. カタログに記載の無いねじが欲しいのですが。
Q. 商品のねじピッチを教えてください。
Q. ねじの締めつけトルクを教えてください。

直動サポート

▶リニアクランパ・ズィー

Q. リニアクランパ・ズィーの選定方法を教えてください。
Q. エアコネクションの取りつけ位置は変更可能ですか。
Q. 保持力とは何ですか。
Q. 干渉が心配です。レールとのクリアランスを考慮する必要はありますか。
Q. クランプ・アンクランプ状態を検出することはできますか。
Q. レールやシャフトに付着しているグリスは保持力に影響ありますか。
Q. リニアクランパ・ズィーを単独で使用することはできますか。
Q. 空気圧タイプの配管方法を教えてください。
Q. 空気圧タイプのクランパに使用する電磁弁を教えてください。
Q. 油圧タイプの配管方法を教えてください。
Q. リニアクランパ・ズィーの取りつけ方法で注意することはありますか。
Q. 常時閉タイプのリニアクランパ・ズィーが、出荷状態でクランプしているスペーサは何ですか。
Q. 緊急停止用としてリニアクランパ・ズィーを使用した場合、どのくらいで停止しますか。
Q. マニュアルタイプのリニアクランパ・ズィーで保持力を管理することはできますか。

その他

Q. 海外の代理店を紹介してください。
Q. カタログが欲しいです。
Q. メールマガジンに登録したのですがメールが届きません。
Q.「該非判定書」を発行してほしいのですが。
Q.「RoHS指令適合証明書」を発行してほしいのですが。
Q.「材質証明書」を発行してほしいのですが。
Q.「EAR該非判定書」を発行してほしいのですが。

お取引について

Q.ネットショップで「お客さま登録」をしましたが、ログインできません。

仮登録の状態になっている可能性があります。本登録まで完了させた後、再度ログインをお試しください。
必要事項入力後、記入いただいたメールアドレス宛てに『【NBK】[お客さま登録完了](自動配信)』
という件名のメールが届きます。本メール本文中のURLをクリックしていただくことで本登録完了となります。

<メールが届いていない場合>

  • メールアドレスを誤って入力された可能性があります。メールアドレスをご確認の上、再度新規登録を行なってください。
  • お使いのメールサービス、メールソフト等の設定により「迷惑メール」と認識され、メールが届かない場合があります。
    その場合は「迷惑メールフォルダー」等をご確認いただくか、お使いのサービス、ソフトウェアの設定をご確認ください。

  • それでも届かない場合はお手数ですが、お問い合わせください。

     お問い合わせはこちら

Q.ネットショップの「購入の流れ」を教えてください。

ネットショップガイド「ご購入の流れ」をご覧ください。
➡ネットショップガイド

Q.「納期」を教えてください。

在庫品については、営業日の14:00までのご注文は当日出荷いたします。
※ネットショップにて在庫が無い場合は、ネットショップガイド「出荷可能日問い合わせについて」をご覧ください。
➡ネットショップガイド

Q.「送料」はかかりますか。

10,000円(税抜)以上ご注文いただいた場合、送料は当社が負担いたします。
10,000円(税抜)未満の場合、送料900円を申し受けます。

ネットショップの送料につきましては、ネットショップガイド「送料について」をご覧ください。
➡ネットショップガイド

Q.「キャンセル」はできますか。

お届けした商品に瑕疵がない場合、キャンセル・返品・交換はお受けできません。
NBKネットショップは、お客さまからのご注文内容情報を受信後、 ただちに商品の受注処理、生産指示、ピッキング指示および出荷処理をおこないますので、ご注文後のキャンセルおよび変更はできません。
振込手数料、代金引換手数料、NP後払い手数料等の各種手数料につきましてもキャンセルおよび変更はできません。
ご利用規約「第14条 ご注文内容の変更およびキャンセル」と「特定商取引に関する法律」に基づく表記をご覧ください。
➡ご利用規約
➡「特定商取引に関する法律」に基づく表記

Q.出荷は何県からですか。

岐阜県関市からの出荷です。

Q.ネットショップで利用可能な「運送会社」を教えてください。

「西濃運輸」または「ヤマト運輸」からお選びいただけます。
※お届け日・時間帯指定は、「ヤマト運輸」をご利用ください。
➡ネットショップガイド

Q.ネットショップで購入した商品の「見積書」「領収書」「納品書」は発行できますか。

ネットショップにログイン後、発行いただけます。

「見積書」:[ショッピングカート]画面下の「見積書発行」ボタンを押してください。

「納品書」:[マイページ]>[購入履歴]の一覧画面からから[詳細]ボタンをクリックしてください。
       次に、表示された画面上の「納品書発行」ボタンをクリックしてください。

「領収書」:[マイページ]>[購入履歴]の一覧画面からから[詳細]ボタンをクリックしてください
       次に、表示された画面上の「領収書発行」ボタンをクリックしてください。

商品について

プーリー・シーブ

Q.プーリーは軸穴加工済みですか。(Vプーリー追加工サービス)

軸穴は加工していない状態です。(下穴があいている商品もありますが、そのままではお使いいただけません。)
簡単で便利な「Vプーリー追加工サービス」をご利用ください。ネットショップのご利用もさらに便利です。
➡Vプーリー追加工サービス

Q.「JISプーリー」と「標準Vプーリー」との違いは何ですか。

「JIS V プーリー」は、外径・呼び径がミリ単位。JIS B 1854に準拠しており、ラインアップも豊富です。
「標準 V プーリー」は外径・ピッチ径がインチ単位。NBKが1950年に日本で最初にメーカー標準品としてシリーズ化しました。
※共に一般用Vベルト(A・B・C・D・M型など)を使用しますが、2本掛け以上の場合は、V溝ピッチ(2本のV溝の中心距離=寸法e)が異なりますので併用はお奨めいたしません。
ベルトやプーリーの早期摩耗などのトラブルの原因となります。

Q.「軸穴公差」について教えてください。

軸穴径に許容されるはめあいの寸法公差のことです。
公差とは、基準値と許容される範囲の最大値と最小値の差です。

※たとえば基準寸法100mmの軸穴径を加工する場合、精度を追求して100.000mm(ミクロン単位もゼロ)に仕上げるには、際限なくコストが上昇し実用的ではありません。
そこで軸穴径100、軸穴公差H6(公差域Hの6級)とした場合。許容される範囲は100.000~100.022mmになります。
このように機能上さしつかえない寸法範囲の公差設定をすることにより、適切なコストで軸との組み合わせが可能になります。

  • 寸法公差及びはめあいの方式 JIS B 0401:1998より抜粋
  • 多く用いられるはめあいの穴の寸法許容差 JIS B 0401:1998より抜粋

  • Q.追加工サービス記号(BKSやBKW)の“B”はどのような意味ですか。

    ”B”は加工記号の一部です。
    詳しくは「Vプーリー追加工サービス」ページの「品番指定方法」ご覧ください。
    ➡Vプーリー追加工サービス

    Q.ブッシングの取りつけ方法を教えてください。

    イソメックブッシング「取りつけ・取りはずし」をご覧ください。
    ➡取りつけ・取りはずし

    Q.複数掛けVプーリーの特定のベルトだけ摩耗が激しいのですがなぜでしょうか。

    特定のベルトのみが早く伸びてしまうのは、張力が他のベルトに比較して大きいためです。
    当初は良かったのに、時間が経過してこうした現象が出てきているのならば、
    推測原因としては、下記の要因を挙げることができます。
    ①他のV溝が摩耗してベルト張力が低くなっている
    ②特定のベルトだけを新品に交換している

    V溝の摩耗に関して詳しくはこちらをご覧ください。
    ➡5年に1度、Vプーリー交換していますか?

    Q.多本結合ベルト(バンドー化学(株)/パワースクラム®,三ツ星ベルト(株)/マルチ)は使用できますか。

    多本結合ベルト適合表をご覧ください。
    ➡多本結合ベルト適合表

    カップリング

    Q.カタログに記載のない軸穴径のカップリングは注文できますか。(カップリング軸穴追加工サービス)

    ご注文いただけます。1個から実働1日目出荷が可能です。
    便利な軸穴追加工サービスをご利用ください。
    ➡カップリング軸穴追加工サービス
    なお、適用軸径の推奨寸法許容差はh6およびh7です。

    ネットショップのご利用でさらに便利にご注文いただけます。
    各商品詳細ページの「追加工品を購入」ボタンより商品を「カート」にいれ、
    「軸穴径」の数値入力と「キー溝」の有無をチェックするだけです。

    Q. キーは使用できますか。

    MJT、MOR、MOMシリーズでは、キー溝つきカップリングを標準化しています。
    キー溝がないカップリングでも、「新JISキー追加工サービス」を利用することでキーを使用することができます。
    ➡カップリング軸穴追加工サービス
    対象軸穴径:φ8を超え、φ30以下。

    ネットショップのご利用でさらに便利にご注文いただけます。
    各商品詳細ページの「追加工品を購入」ボタンより商品を「カート」にいれ、
    「軸穴径」の数値入力と「キー溝」の有無をチェックするだけです。

    Q.シャフトの挿入量を教えてください。

    カップリングへの軸の挿入量は寸法表に記載のハブの長さ(L寸法)を推奨しています。
    挿入量が短いと、軸のスリップやクランプ部の破損が発生することがあります。
    挿入量が長いと、カップリング内部での軸の干渉により破損することがあります。
    挿入量がL寸法を超える場合、装置に組つけた際に、軸とカップリング内部の干渉がなければご使用いただけます。

    Q.電気絶縁性について教えてください。

    カップリングの両ハブ間の電気に対する絶縁性です。
    両ハブ間にゴム・樹脂を使用しているカップリングの電気抵抗値は下表のとおりです。


    商品記号 電気抵抗値
    XGT2/XGL2/XGS2 2MΩ以上
    XGT-C/XGL-C/XGS-C 10kΩ以上1MΩ以下
    MJC/MJS/MJB/MJT 2MΩ以上
    MOR/MOL/MOS 2MΩ以上
    MOHS-C 2MΩ以上
    MOP-C 2MΩ以上
    MSXP 2MΩ以上
    MSF 2MΩ以上

    詳しくはこちらをご覧ください。
    ➡用語説明

    Q. カップリングの周辺に必要なスペースはどれくらいですか。

    カップリングの外径・全長を参照してスペースを決定してください。
    一部のサイズでボルトの頭部が外径から飛び出していることがありますのでご注意ください。
    詳しくはこちらをご覧ください。
    ➡最小回転直径

    Q. 軸の固定にはどのような方法がありますか。

    ●セットスクリュータイプ
    ●クランピングタイプ/スプリットタイプ/セミスプリットタイプ
    ●キータイプ(キー+セットスクリュー/キー+クランピング)
    ●ブッシングタイプ
    ●アダプタ+クランピングタイプ
    があります。

    詳しくはこちらをご覧ください。
    ➡カップリングの取りつけ・メンテナンス

    Q. カップリングの伝達可能トルクの確認方法を教えてください。

    伝達可能なトルクは常用トルクをご確認ください。

    またクランピングタイプの場合、常用トルク以下でも回転軸がスリップして、トルク伝達ができないことがありますのでスリップトルクも
    ご確認ください。スリップトルクが小さい場合、キーを使用することで、伝達トルクを大きくすることができます。

    Q. ジョータイプカップリング(MJT・MJB)のスリーブはどれを選択すれば良いですか。


    ●4つのカラーバリエーションの選び方
    スリーブの硬度の違いを色で区別しています。高いトルク伝達が必要な場合は、緑・赤をお選びください。
    許容ミスアライメントを重視される場合は、青・白をお選びください。

    ●タイトフィット/イージーフィットの2つのバリエーションの選び方
    ガタつきの小さいものが良い場合はタイトフィットをお選びください。
    組立性を重視される場合はイージーフィットをお選びください。

    Q. 締めつけトルクの管理方法を教えてください。

    ねじの締めつけは、寸法表に記載のねじ締めつけトルクで行ってください。
    ねじの締めつけにはトルクレンチやトルクドライバをご使用ください。
    締めつけトルクがカタログ値より小さい場合、軸が空回り(スリップ)することがあります。また、ねじがゆるむことがあります。
    締めつけトルクがカタログ値より大きいと、カップリングやボルトに過剰な負荷がかかり破損することがあります。

    Q. Dカット軸やキー溝がある軸は使用できますか。

    セットスクリュータイプを使用する場合、Dカット面を止めねじの位置にして取りつけてください。
    クランピングタイプを使用する場合、軸は原則として丸軸を使用してください。
    Dカット軸を使用すると、軸のDカット面の取りつけ位置によっては、六角穴付きボルトの締めつけにより過剰な負荷がかかり破損することがあります。 やむをえずDカットやキー溝つきの軸を使用する場合は、Dカット面またはキー溝を、スリットおよびボルト用の座グリ穴を避ける位置にして取りつけてください。
    詳しくはこちらをご覧ください。
    ➡Dカット軸への取りつけ

    Q. 軸が空回り(スリップ)しました。どうすれば良いですか。

    ●ねじを規定の締めつけトルクで締めつけたかどうかをご確認ください。
       締めつけトルクは寸法表にて、ご確認ください。

    ●各カップリングのスリップトルクをご確認ください。
       負荷トルクがこの値を超えるとスリップすることがあります。

    ●キーを使用することでスリップを防止することができます。
      詳しくはこちらをご覧ください。
      ➡カップリング軸穴追加工サービス

    Q.フランジ形たわみ軸継手を組み付ける際に、どちらの継手本体をモータに取りつけるべきですか。

    どちらの仕様でもカップリングとしての性能差はございませんが、ゴムブシュを交換する際に、
    ブシュ側の継手本体からボルトセットを取りはずしますので、
    この交換作業のためのスペースに余裕のある取りつけ方をお奨めします。
    なお、ポンプ適用では、「ボルト側」をモータに、「ブシュ側」をポンプに取りつけるケースが多いようです。

    特殊ねじ

    Q.カタログに記載の無いねじが欲しいのですが。

    1本でもつくります。
    ねじ径、ねじ長さ、ねじ形状、および数量をお伝えください。
    材質・表面処理・特殊加工も可能です。 下記よりご相談ください。

     特殊ねじに関するご相談はこちら

    Q. 商品のねじピッチを教えてください。

    当社のカタログ・WEBサイトで、ねじピッチの記載がない商品のねじは並目です。(図1)
    細目ねじの場合はねじピッチを記載しています。(図2)
    これはJIS B 0123 に則った一般的な表記方法です。
    並目ねじのねじピッチはこちらをご覧ください。
    ➡一般用メートルねじ
    並目ねじと細目ねじの両方を標準化している商品では、並目ねじの場合でもねじピッチを記載しているものがあります。(図3)

    Q. ねじの締めつけトルクを教えてください。

    各商品ページの締めつけトルクをご覧ください。
    締めつけトルクについての記述がない商品については、こちらをご覧ください。
    ➡炭素鋼及び合金鋼製締結用部品の機械的性質

    直動サポート

    Q.リニアクランパ・ズィーの選定方法を教えてください。

    リニアガイドウェイの「メーカー」、「品番」、クランパズィーの「制御方式」、「機能」を
    選択式でお選びいただくだけの選定ナビがございます。
    ➡リニアクランパ・ズィー 選定ナビ

    Q.エアコネクションの取りつけ位置は変更可能ですか。

    エアコネクション(空気圧の供給)は左右のつけ替えが可能です。(MCP MCPSは除く)
    使用条件に合わせて位置を変更してください。

    詳しくはこちらをご覧ください。
    ➡リニアクランパ・ズィー 取りつけ方法

    Q. 保持力とは何ですか。

    リニアクランパ・ズィーが発生させることのできる摩擦力(=位置を保持する力)の保証値のことです。
    カタログ・WEBサイトに記載の保持力は、静摩擦係数を0.1とした場合の計算値です。
    ➡用語説明

    Q.干渉が心配です。レールとのクリアランスを考慮する必要はありますか。

    リニアクランパ・ズィーは、対応するレールと干渉しないように調整されており、クリアランス量についてご検討いただく必要はございません。
    取りつけ方法を誤ると干渉が生じるおそれがあるため、正しい方法で取りつけてください。
    ➡取りつけ方法
    ➡レールから選定する(選定ナビ)

    Q. クランプ・アンクランプ状態を検出することはできますか。

    空気圧タイプの一部の商品には、アンクランプ状態を検出するためのセンサを取りつけることができます(特殊品)。
    ➡リニアクランパ・ズィーのセンサ取りつけ仕様

    Q. レールやシャフトに付着しているグリスは保持力に影響ありますか。

    リニアクランパ・ズィーの保持力は油潤滑された状態を想定し、静摩擦係数を0.1とした場合の計算値となっています。
    ➡リニアクランパ・ズィーの用語説明

    Q. リニアクランパ・ズィーを単独で使用することはできますか。

    リニアクランパ・ズィーにはガイド機能がありません。
    リニアクランパ・ズィーとレール・シャフトとのクリアランスを保つため、キャリッジ・リニア軸受などと組み合わせて使用してください。
    ➡リニアクランパ・ズィーの取りつけ方法

    Q. 空気圧タイプの配管方法を教えてください。

    基本的には3ポートの電磁弁を使用してエアコネクションへ配管してください。
    電磁弁の切換えによる供給圧力の切り替えによって、クランプ状態とアンクランプ状態を切り替えることができます。
    一部の品番が対応しているプラスコネクションを使用する場合は、5ポートの電磁弁を使用してください。
    ➡リニアクランパ・ズィーの取りつけ方法

    Q. 空気圧タイプのクランパに使用する電磁弁を教えてください。

    3ポートまたは5ポートの電磁弁を使用してください。
    プラスコネクションを使用する場合は、5ポートの電磁弁を使用してください。
    ➡リニアクランパ・ズィーの取りつけ方法

    Q. 油圧タイプの配管方法を教えてください。

    3ポートの切り替え弁を介してオイルコネクションへ配管してください。
    切換え弁による供給圧力の切り替えによって、クランプ状態とアンクランプ状態とを切り替えることができます。
    ➡リニアクランパ・ズィーの取りつけ方法

    Q. リニアクランパ・ズィーの取りつけ方法で注意することはありますか。

    リニアクランパ・ズィーと、リニアガイドウェイ・リニアシャフトとのクリアランスは小さいため、取りつけ方法を誤ると干渉が生じる可能性があります。 取りつけ方法をご確認いただき、正しい方法で取りつけてください。
    ➡リニアクランパ・ズィーの取りつけ方法

    Q. 常時閉タイプのリニアクランパ・ズィーが、出荷状態でクランプしているスペーサは何ですか。


    リニアクランパ・ズィーは、クランプ対象がない状態でクランプ動作を行うと破損する場合があります(LBHSタイプを除く)。
    そのため、輸送時にクランプ状態となる常時閉タイプのリニアクランパ・ズィーでは、スペーサをクランプした状態で出荷しております。
    ➡リニアクランパ・ズィーの取りつけ方法

    Q. 緊急停止用としてリニアクランパ・ズィーを使用した場合、どのくらいで停止しますか。

    使用条件から停止距離を計算することができます。
    (各条件は使用環境によって変化しますので、事前に予備試験を行い、確認することを推奨します。)
    詳しくはこちらをご覧ください。
    ➡リニアクランパ・ズィーの停止距離の計算(ブレーキタイプ)

    Q. マニュアルタイプのリニアクランパ・ズィーで保持力を管理することはできますか。

    HKC-Aシリーズは保持力の管理が可能です。
    それ以外のマニュアルタイプでは、レバーを六角穴付きボルトなどに変更し、トルクレンチで締めつけトルクを管理する必要があります。
    保持力の管理が必要な場合は、空気圧タイプまたは油圧タイプを推奨します。

    その他

    Q.海外の代理店を紹介してください。

    「海外代理店一覧」をご覧ください。
    ➡海外代理店一覧

    Q.カタログが欲しいです。

    無料で配布しております。(原則翌日発送いたします。場合によって数日かかる場合がございます。)
    ➡機械部品カタログ(無料)のご請求

    Q.メールマガジンに登録したのですがメールが届きません。

    お使いのメールサービス、メールソフト等の設定により「迷惑メール」と認識され、メールが届かない場合があります。
    その場合は「迷惑メールフォルダー」等をご確認いただくか、お使いのサービス、ソフトウェアの設定をご確認ください。
    それでも届かない場合はお手数ですが、お問い合わせください。

     お問い合わせはこちら

    Q.「該非判定書」を発行してほしいのですが。

    「"該非判定書"WEB発行システム」がございます。
    ページ下部の「該非判定書発行」よりご利用いただけます。
    ➡該非判定書の発行依頼

    「EAR該非判定書」の発行には「"EAR該非判定書"WEB発行システム」がございます。
    ページ下部の「EAR該非判定書発行」よりご利用いただけます。
    ➡EAR該非判定書の発行依頼

    Q.「RoHS指令適合証明書」を発行してほしいのですが。

    「"RoHS指令適合証明書"WEB発行システム」がございます。
    ページ下部の「RoHS指令対応(証明書発行)」よりご利用いただけます。
    ➡RoHS指令適合証明書の発行依頼

    Q.「材質証明書」を発行してほしいのですが。

    「"材質証明書"WEB発行システム」がございます。
    ページ下部の「材質証明書発行」よりご利用いただけます。
    ➡材質証明書の発行依頼

    Q.「EAR該非判定書」を発行してほしいのですが。

    「"EAR該非判定書"WEB発行システム」がございます。
    ページ下部の「EAR該非判定書発行」よりご利用いただけます。
    ➡EAR該非判定書の発行依頼

    商品に関するお問い合わせなど、
    お気軽にご連絡ください。

    鍋屋バイテック会社コンタクトセンター

    平日9時~17時15分まで (土日祝日を除く)