• ハンドル

HCM

クラッチメカニズム

Clutch Mechanism

正しい使い方 ここがポイント!


形状図

HCMクラッチメカニズム寸法図

寸法・CAD・価格

単位 : mm

品番 C D D10~+0.03*1 bP9 t 0~+0.1 s L ハンドルハブ
min.Hd(最小)
ハンドルハブ
HI±0.1
適応シャフト寸法
min.W(最小)
適応シャフト寸法
max.Sd(最大)
質量
(g)
価格
(円)
CAD
ダウンロード
標準品を購入 在庫/非在庫
HCM-1-C12 12 29 25 4 1.1 12 42 29 18 4 17 126 18,800 CAD カート 在庫品
HCM-2-C14 14 33 29 5 1.3 14 48 33 20 4 21 194 20,900 CAD カート 在庫品
HCM-3-C18 18 39 35 6 1.7 13 50 39 24 4 26 275 23,300 CAD カート 在庫品
HCM-4-C22 22 46 41 6 1.7 13 54 46 28 4 30 390 25,900 CAD カート 在庫品

*1:ハンドルのハブ内径はD1 H7で加工してください。

材質・仕上げ

HCM
本体 S15C相当
浸炭焼入れ・研磨(硬度56~60HRC)

特長

  • ハンドルその他の機械部品に簡単に取りつけできます。
  • 精密なセレーションにより、クラッチの締結・解除はきわめてスムーズ。しかも確実です。
  • ニードルベアリングを採用。また、ベアリング摺動面は熱処理・研磨済み。高速使用においても耐久性にすぐれています。
  • ベアリングへのグリース注入口は加工済み。グリースニップルも付属しています。
  • クラッチメカニズムを内蔵したアルミディスクハンドルも標準化しています。HCHHCH
  • ご要望によりハンドルへの取りつけ加工を行います。コンタクトセンターへお問い合わせください。

使用上の注意

  • 必要に応じ、〈引く〉あるいは〈押す〉のいずれの動作でも締結するようハンドルに組み込むことができます。ハンドルを不注意に〈押し〉ても締結しないという点で、〈引く〉タイプの方がより安全といえます。
  • ベアリングの摩擦により、回転するシャフトと同方向にハンドルがゆっくり連れまわりすることがあります。(手で止められる程度の速さです。)ハンドルにグリップを取りつけるなどハンドル全体をアンバランスにすれば、この連れまわりは防止または軽減できます。ただし高速回転ではアンバランスにより振動が発生することがあります。グリップなしの場合はより高速での使用が可能です。
  • スムーズな作動を保持するため、ベアリングへの注油を怠らないでください。
  • クラッチメカニズムの使用にともなう事故その他いかなるトラブルに対しても当社は責任を負いません。あらかじめご了承ください。

取り扱い方法

  1. 通常はアウターリングとインナーリングのセレーションはかみ合っておらず、インナーリング(シャフト)に対しアウターリング(ハンドル)はフリーの状態です。このため、シャフトが回転してもハンドルは静止しています。
  2. ハンドルをシャフト方向に〈引く〉または〈押す〉と、内蔵されたスプリングは圧縮され、アウターリングとインナーリングのセレーションがかみ合います。そのままハンドルをまわせばシャフトもまわります。
  3. ハンドルを離せば、スプリングの力で自動的にセレーションがはずれ、シャフト(インナーリング)とハンドル(アウターリング)は再びフリーの状態になります。

関連サービス

商品品番一覧

●NBKウェブサイトに記載の寸法・形状その他の規格は改良のため予告なく変更することがあります。
●NBKウェブサイトに記載の商品の不具合によって発生した損害については、損害を発生させた商品のご購入代金を補償の上限とさせていただきます。
●NBKウェブサイトの制作には正確を期していますが、誤記・脱字による損害については責任を負いかねます。