公開日:2014年03月31日

高性能ショックアブソーバの取りつけ方法

このエントリーをはてなブックマークに追加
印刷用PDFダウンロードボタン
取りつけ
  1. 衝突物の停止位置にあわせて、ストッパの位置を決定し、固定してください。
    ストッパには、次の商品があります。
    ストッパスリーブ AAH
    ストッパスクリュー SAN-B SANS-B
    ストッパボルト SSB-A SSB-B SSBS-B
  2. パワーストップにはストッパ機能がありません。必ずストッパと組み合わせてご使用ください。

  3. パワーストップ(高性能ショックアブソーバ)の位置を仮設定します。
    衝突物がストッパにあたるとき、ストロークが次式となるようにしてください。 図1 図2
    (最大ストローク)-(ストローク)=0.5~1.0mm
  4. パワーストップは最大ストロークで使用しないでください。

  5. パワーストップの位置を調整し、決定します。
    パワーストップによって減速した衝突物の速度が、ストッパの手前で最小になるように、パワーストップの位置を調整してください。この際、パワーストップをストロークが小さくなる方向に徐々に移動させ、衝突物がストッパにあたる様子を確認しながら、最適の位置を決定してください。 図3
  6. ストッパスリーブ AAH を使用する場合は、パワーストップの位置の調整とあわせて、ストッパスリーブ AAH のねじ込み量も調整してください。 図4

  7. ロックナットを締めつけてパワーストップおよびストッパスリーブ AAH を固定してください。
    図5 図6
  8. ロックナットの締めつけトルクは下表の値を超えないようにしてください。

    ねじ径 締めつけトルク
    (N・m)
    ねじ径 締めつけトルク
    (N・m)
    M4 2 M14 30
    M5 2 M20 50
    M6 4 M25 60
    M8 6 M27 60
    M10 8 M33 80
    M12 10 M45 100
取付方法・メンテナンス その他 工作機械 半導体製造装置 食品機械 自動車製造工程 医療機器 FA機器 直動サポート
このエントリーをはてなブックマークに追加