• フランジ形軸継手

FCL-BUSH

FCL・FCLS用ブシュ

Flexible Flanged Shaft Coupling

形状図

FCL-BUSHFCL・FCLS用ブシュ寸法図

寸法・CAD・価格

単位 : mm

品番 ブシュp ブシュq 価格 (円) 標準品を購入 在庫/非在庫
F1-G 18 14 130 カート 在庫品
F2-G 22 16 150 カート 在庫品
F3-G 31 18 170 カート 在庫品
F4-G 40 22.4 280 カート 在庫品
F5-G 50 28 500 カート 在庫品
F6-G 56 40 840 カート 在庫品
F7-G 71 56 1,990 カート 在庫品
F8-G 85 80 3,000 カート 在庫品

構造

FCL/FCL-FL/FCLS/FCLS-FL/FCL-BOLTSET/FCL-BUSH_Cフランジ形たわみ軸継手


材質・仕上げ

FCL FCLS
継手本体 FC200以上 S25C以上
ナット SS400相当
三価クロメート処理
SS400相当
三価クロメート処理
ばね座金 SWRH62(A,B)
三価クロメート処理
SWRH62(A,B)
三価クロメート処理
ブシュ NBR
B(12)-j1a1〔HS(JIS A)=70〕
NBR
B(12)-j1a1〔HS(JIS A)=70〕
座金 SS400相当
三価クロメート処理
または無電解ニッケルメッキ
SS400相当
三価クロメート処理
または無電解ニッケルメッキ
ボルト SS400相当
三価クロメート処理
SS400相当
三価クロメート処理

特長

  • JIS B 1452-1991「フランジ形たわみ軸継手」に準拠した日本で最もポピュラーなフレキシブルシャフトカップリングです。
  • フランジと継手ボルトの組み合わせによるシンプルな構造。取りつけが簡単です。
  • 継手ボルトをはずすだけでブシュの交換ができ、保守・保全が簡単です。
  • 偏心・偏角などのミスアライメントを吸収するとともに、ねじれ振動を吸収し騒音を防止します。スラスト荷重も伝えません。
  • 鋳鉄製FCLと炭素鋼製FCLSの2タイプがあります。

商品規格

フランジ形たわみ軸継手の商品規格は、JIS B 1452-1991「フランジ形たわみ軸継手」に準拠しています。
  • 軸穴の中心に対する継手外径の振れおよび外径付近における継手面の振れの許容値----0.03mm
  • ボルト穴ピッチ円の直径およびブシュ挿入穴ピッチ円の直径の許容差、ピッチの許容差ならびに軸穴中心に対する振れの許容値

単位 : mm

ピッチ円直径 ピッチ円直径および
ピッチの許容差
ピッチ円直径の
振れの許容値
60・67・75 ±0.16 0.12
85・100・115・132・145 ±0.20 0.14
170・180・200・236 ±0.26 0.18
260・300・355・450・530 ±0.32 0.22
580・600・670 ±0.40 0.28

継手各部の寸法許容差

単位 : mm

継手外径 A - g7
ボルト穴とボルト a H7 g7
座金内径*1 a - 0~+0.4
ブシュ内径、座金内径
およびボルトのブシュ挿入部の直径a1
0~+0.4 e9
ブシュ挿入穴 M H8 -
ブシュ外径 p - -0.4~0
ボルトのブシュ挿入部の長さ m - k12

*1: 基準寸法が8のものは0~+0.2、45・50のものは0~+0.6
それぞれの記号は寸法・性能表に示すものと同一です。

ブシュ幅 q の寸法許容差
基準寸法 許容差
14・16・18 ±0.3
22.4・28・40 -0.5~+0.1
56・80 -0.6~+0.2

はめあい部分以外の削り加工箇所の長さ寸法に対する寸法許容差は、JIS B 0405の公差級mによる。

座金厚さ t の寸法許容差
基準寸法 許容差
3 -0.43~+0.03
4 ±0.29
5 ±0.4
7 ±0.5

ブシュの性能

特性項目 NBR(ニトリルゴム)
機械油
ガソリン
ベンジン 不可
ケトン 不可
アルコール
耐酸性 弱酸
強酸
反撥弾性
耐摩耗性
耐老化性
抗張力
耐熱性(最高使用温度・参考) 90℃
耐寒性(最低使用温度・参考) -20℃

アライメントの調整

  1. フランジ形たわみ軸継手は、ミスアライメントを許容し、トルクを伝達しますが、ミスアライメントが許容値を超える場合には、振動が発生したり、寿命が急速に低下することがあります。アライメント調整は必ず行ってください。
  2. 軸心のミスアライメントには、偏心(両軸心の平行誤差)・偏角(両軸心の角度誤差)・エンドプレイ(軸の軸方向の移動)があります。本カタログの寸法・性能表に記載された許容値以下となるように軸のアライメントを調整してください。
  3. 寸法・性能表に記載されたミスアライメントの許容値は、偏心・偏角・エンドプレイのどれか1つが単独で発生している場合のものです。2つ以上のミスアライメントが複合する場合は、それぞれの許容値は1/2となります。
  4. ミスアライメントは、装置への組みつけ時だけでなく、運転中の振動、熱膨張、軸受の摩耗などが要因になって発生することがあります。このため、ミスアライメントは許容値の1/3以下にすることを推奨します。

偏心 Parallel Offset Misalignment

FCL/FCL-FL/FCLS/FCLS-FL/FCL-BOLTSET/FCL-BUSH_Cフランジ形たわみ軸継手

偏角 Angular Misalignment

FCL/FCL-FL/FCLS/FCLS-FL/FCL-BOLTSET/FCL-BUSH_Cフランジ形たわみ軸継手

エンドプレイ End-Play

FCL/FCL-FL/FCLS/FCLS-FL/FCL-BOLTSET/FCL-BUSH_Cフランジ形たわみ軸継手


参考資料

ブシュの面圧とボルトの曲げ応力

継手外径
A
(mm)
定格トルク
(N・m)
ピッチ円
直径
B
(mm)
ボルト
本数
n
(個)
ボルト1本にかかる力*1
(N)
ブシュ内面積
q×a1
(mm2
内周面圧
P1
(MPa)
ブシュ

q
(mm)
すきま
t
(mm)
アーム
t+q/2
(mm)
曲げ
モーメント
(N・m)
ボルト
直径
a
(mm)
断面係数
πa3/32
(mm3
曲げ応力
σ
(MPa)
90 4.9 60 4 82 14×9 0.65 14 3 10 0.82 8 50.3 16.2
100 9.8 67 4 146 16×12 0.76 16 3 11 1.61 10 98.2 16.4
112 15.7 75 4 209 16×12 1.09 16 3 11 2.30 10 98.2 23.4
125 24.5 85 4 288 18×16 1.00 18 3 12 3.46 14 269.4 12.8
140 49 100 6 327 18×16 1.13 18 3 12 3.92 14 269.4 14.6
160 110 115 8 478 18×16 1.66 18 3 12 5.74 14 269.4 21.3
180 157 132 8 595 18×16 2.06 18 3 12 7.14 14 269.4 26.5
200 245 145 8 845 22.4×22.4 1.68 22.4 4 15.2 12.8 20 785.4 16.4
224 392 170 8 1150 22.4×22.4 2.30 22.4 4 15.2 17.5 20 785.4 22.3
250 618 180 8 1720 28×28 2.19 28 4 18 30.9 25 1535 20.1
280 980 200 8 2450 40×32 1.94 40 4 24 58.8 28 2155 27.3
315 1570 236 10 2660 40×32 2.11 40 4 24 63.9 28 2155 29.6
355 2450 260 8 4710 56×40 2.10 56 5 33 155 35.5 4390 35.4
400 3920 300 10 5230 56×40 2.33 56 5 33 172 35.5 4390 39.3
450 6180 355 12 5800 56×40 2.59 56 5 33 191 35.5 4390 43.6
560 9800 450 14 6220 56×40 2.78 56 5 33 205 35.5 4390 46.8
630 15700 530 18 6580 56×40 2.94 56 5 33 217 35.5 4390 49.5
710B 24500 600 24 6810 56×40 3.04 56 5 33 225 35.5 4390 51.3
711B 33300 580 20 11500 80×50 2.88 80 7 47 541 45 8950 60.4
800B 45000 670 22 12200 80×50 3.05 80 7 47 573 45 8950 64.0

*1: ボルトの有効本数は、実際本数nの1/2として算出しています。


商品品番一覧

●NBKウェブサイトに記載の寸法・形状その他の規格は改良のため予告なく変更することがあります。
●NBKウェブサイトに記載の商品の不具合によって発生した損害については、損害を発生させた商品のご購入代金を補償の上限とさせていただきます。
●NBKウェブサイトの制作には正確を期していますが、誤記・脱字による損害については責任を負いかねます。

よく見られている記事