ボールローラの特長

このエントリーをはてなブックマークに追加

重量物をスイスイ搬送 NBKのボールローラ

メインボールのまわりを複数のサブボールで覆い、なめらかなボールの回転を実現しました。
摩擦係数が小さく、わずかな力でワークの搬送が可能です。
360°どの方向にもなめらかな回転で、搬送方向の転換も容易です。

始動摩擦係数

ボールローラ3個に重量物(SS400、表面研磨)を載荷し、プッシュゲージで重量物が動き出す力を計測し、始動摩擦係数μを算出しました。

上向きタイプ

品番 始動摩擦係数μ
BRU*S-S
(本体・メインボール:ステンレス)
0.03
BRU*S-N
(本体:ステンレス/メインボール:ポリアセタール)
0.04
BRU*N-N
(本体・メインボール:ポリアセタール)
0.08
BRU*P-P
(本体・メインボール:PEEK)
0.08

プランジャタイプ

品番 始動摩擦係数μ
BRPSS-S
(本体・メインボール:ステンレス)
0.15
BRPSS-N
(本体:ステンレス/メインボール:ポリアセタール)
0.1
BRPPS-S
(本体・メインボール:ステンレス)
0.03
BRPIN-N
(本体・メインボール:ポリアセタール)
0.15
BRPMS-S
(本体・メインボール:ステンレス)
0.03

下向きタイプ

品番 始動摩擦係数μ
BRD*
(本体・メインボール:スティール)
0.03

● 各表中の数値は試験による実測値であり、保証値ではありません。

豊富なラインアップ

上向きタイプ

ボールローラの標準タイプ。セットスクリュー・六角ボルト・丸ボルトなど、さまざまなタイプをラインアップしています。
耐蝕性にすぐれたオールステンレス製をはじめ、ワークを傷つけない樹脂ボールタイプ、クリーン環境に適したPEEK製もラインアップ。
本体が樹脂製のタイプは水抜き穴つき。洗浄が必要な食品製造ラインなどの用途に適しています。
M5からM20までのワイドバリエーション。小型のワークから重量物の搬送まで対応します。

本体がステンレス製のタイプはサブボールの配列上、下向き・横向きでは使用できません。
本体が樹脂製のタイプは下向き・横向きでも使用できます。

プランジャタイプ

プランジャ機能つきのボールローラ。
内部のスプリングにより偏荷重がある場合でも、均等に荷重を受けることができます。ワークの固定・位置決めなど、一般的なボールプランジャとしても使用できます。ボールの回転がなめらかなため、メインボールと受け側の摩耗を低減します。

プランジャタイプの荷重について

初期荷重(min.) メインボールが沈み始めるときの荷重
最大荷重(max.) メインボールが沈みきった状態の荷重

下向きタイプ

下向き・横向きでの使用が可能なボールローラ。
内蔵された受座により、どの向きで使用してもメインボールとサブボールが適切な接触状態となります。防塵シールが、ゴミやホコリの内部への浸入を防止します。本体・メインボール・サブボールはスティール製。耐久性にすぐれています。
搬送用台車のキャスタなどの用途に。

特殊対応

寸法・形状・材質・表面処理・クリーン洗浄・特殊仕様のボールローラも製作いたします。
コンタクトセンターへお問い合わせください。

このエントリーをはてなブックマークに追加

商品に関するお問い合わせなど、
お気軽にご連絡ください。

鍋屋バイテック会社コンタクトセンター

平日9時~17時15分まで (土日祝日を除く)