• クランプレバー

LDM-EC

偏心カムつきクランプレバー

Clamp Lever with Eccentric Cam

形状図

LDM-EC偏心カムつきクランプレバー寸法図

寸法・CAD・価格

絞り込み

M(並目)
すべて
M6
M8
M10
Lm
すべて
15.5
18.5
18
本体
カラー
すべて
BK
SG
OR
RD

単位 : mm

品番 M(並目) Lm R H H' h D d e t 歯数 許容締めつけ
トルク(N・m)
質量
(g)
本体
カラー
価格
(円)
CAD 標準品を購入 備考
LDM-6-EC-BK M6 15.5 45 38.5 42 29 13 20 1 8 18 6 54 BK 3,270 CAD カート -
LDM-6-EC-SG M6 15.5 45 38.5 42 29 13 20 1 8 18 6 54 SG 3,270 CAD カート -
LDM-6-EC-OR M6 15.5 45 38.5 42 29 13 20 1 8 18 6 54 OR 3,270 CAD カート -
LDM-6-EC-RD M6 15.5 45 38.5 42 29 13 20 1 8 18 6 54 RD 3,270 CAD カート -
LDM-8-EC-BK M8 18.5 63 51.5 55.5 37.5 17.5 30 1.5 12 24 17 143 BK 3,970 CAD カート -
LDM-8-EC-SG M8 18.5 63 51.5 55.5 37.5 17.5 30 1.5 12 24 17 143 SG 3,970 CAD カート -
LDM-8-EC-OR M8 18.5 63 51.5 55.5 37.5 17.5 30 1.5 12 24 17 143 OR 3,970 CAD カート -
LDM-8-EC-RD M8 18.5 63 51.5 55.5 37.5 17.5 30 1.5 12 24 17 143 RD 3,970 CAD カート -
LDM-10-EC-BK M10 18 78 61 65 43 21 35 2 14 26 20 229 BK 4,660 CAD カート -
LDM-10-EC-SG M10 18 78 61 65 43 21 35 2 14 26 20 229 SG 4,660 CAD カート -
LDM-10-EC-OR M10 18 78 61 65 43 21 35 2 14 26 20 229 OR 4,660 CAD カート -
LDM-10-EC-RD M10 18 78 61 65 43 21 35 2 14 26 20 229 RD 4,660 CAD カート -

上記条件に該当する商品はございません。

申し訳ございませんが、お客さまがご入力された内容で該当する
商品がございませんでした。
ご入力いただいた値を変更し、再検索してみてください。

鍋屋バイテック会社では、お客さまのご要望に応じて、
商品のカスタマイズも行っています。
お問い合わせフォームよりお気軽にお問い合わせください。

鍋屋バイテック会社
コンタクトセンター

カスタマイズなど商品に関するお問い合わせなどはこちらからお問い合わせください。

お問い合せはこちら

材質・仕上げ

LDM-EC
レバー部 亜鉛ダイカスト、静電塗装(各色)
偏心カム SCM435、焼入れ(硬度:50-55HRC)
ねじ部 SUM22L、四三酸化鉄被膜(黒)
止めねじ スティール、四三酸化鉄被膜(黒)
スプリング SWPB

特長

  • 偏心カムつきのクランプレバー。
  • ワークの着脱がすばやくできます。
  • レバーを引き上げれば、偏心カムに対してレバーがフリーになり、レバーの位置を自由に変更することができます。
  • レバー部は傷が目立ちにくいつや消しタイプの静電塗装。
  • レバー部のカラーバリエーションは4種類。品番の末尾記号により、選択できます。
末尾記号 レバー部の色
BK つや消し黒
SG つや消しシルバー
OR つや消しオレンジ
RD つや消しレッド

クランプレバーの正しい使い方

取りつけ方法

  1. 偏心カムの座面が軽くあたるまでねじ穴にLDM-ECをねじ込んでください図1
  2. 偏心マークが図2の位置になるように、レバーをゆるめてください。このとき、レバーを引き上げれば、偏心カムに対してレバーがフリーになり、レバーの位置を自由に変更することができます。
  3. レバーをさらにゆるめて、偏心マークが図3の位置になるようにしてください。
  4. 偏心マークが図3の位置にある状態で、固定したいワークを偏心カムと取りつけ面の間に入れてください。
  5. レバーを右回転に締めつけると、偏心カムがワークを取りつけ面に押しつけてワークを固定します図4
  6. 最後に、レバーを邪魔にならない位置に変更してください図5

LDM-EC偏心カムつきクランプレバー


関連商品

偏心カムのないクランプレバーLDMがあります。
LDM

LDM-EC偏心カムつきクランプレバー


取りつけ寸法

LDM-EC偏心カムつきクランプレバー

単位 : mm

品番 E M 調整範囲
min./max.
LDM-6-EC 9.50~+0.3 M6 -0.5/1.5
LDM-8-EC 14.30~+0.3 M8 -0.7/2.3
LDM-10-EC 16.50~+0.3 M10 -1/3

関連サービス

商品品番一覧

●NBKウェブサイトに記載の寸法・形状その他の規格は改良のため予告なく変更することがあります。
●NBKウェブサイトに記載の商品の不具合によって発生した損害については、損害を発生させた商品のご購入代金を補償の上限とさせていただきます。
●NBKウェブサイトの制作には正確を期していますが、誤記・脱字による損害については責任を負いかねます。

商品に関するお問い合わせなど、
お気軽にご連絡ください。

鍋屋バイテック会社コンタクトセンター

平日9時~17時15分まで (土日祝日を除く)