• カムレバー

LWBMS-101-M8-NI

カムレバー(おねじ) - 固定タイプ - ステンレス製

Clamping Lever with Cam - Fix Type

正しい使い方 ここがポイント!

動画はLWBMLWBM)を用いた例です。本商品でも同様の操作で使用できます。


形状図

LWBMS-NIカムレバー(おねじ) - 固定タイプ - ステンレス製寸法図

寸法・CAD・価格

絞り込み

M(並目)
ねじの呼び
すべて
M8
Lm
すべて
20
25
30
35
40
50
60

単位 : mm

品番 M(並目)
ねじの呼び
ピッチ Lm R T D d H h(0°) h(90°) 最大締付力
(kN)
質量
(g)
価格
(円)
CAD
ダウンロード
標準品を購入 在庫/非在庫
LWBMS-101-M8-20-NI M8 1.25 20 101 25 26 27 40 25.3 23.8 10 228 4,590 CAD カート 非在庫品
LWBMS-101-M8-25-NI M8 1.25 25 101 25 26 27 40 25.3 23.8 10 229 4,630 CAD カート 非在庫品
LWBMS-101-M8-30-NI M8 1.25 30 101 25 26 27 40 25.3 23.8 10 231 4,640 CAD カート 非在庫品
LWBMS-101-M8-35-NI M8 1.25 35 101 25 26 27 40 25.3 23.8 10 232 4,660 CAD カート 非在庫品
LWBMS-101-M8-40-NI M8 1.25 40 101 25 26 27 40 25.3 23.8 10 234 4,710 CAD カート 非在庫品
LWBMS-101-M8-50-NI M8 1.25 50 101 25 26 27 40 25.3 23.8 10 237 4,760 CAD カート 非在庫品
LWBMS-101-M8-60-NI M8 1.25 60 101 25 26 27 40 25.3 23.8 10 241 4,800 CAD カート 非在庫品

上記条件に該当する商品はございません。

申し訳ございませんが、お客さまがご入力された内容で該当する
商品がございませんでした。
ご入力いただいた値を変更し、再検索してみてください。

鍋屋バイテック会社では、お客さまのご要望に応じて、
商品のカスタマイズも行っています。
お問い合わせフォームよりお気軽にお問い合わせください。

鍋屋バイテック会社
コンタクトセンター

カスタマイズなど商品に関するお問い合わせなどはこちらからお問い合わせください。

お問い合せはこちら

材質・仕上げ

LWBMS-NI
レバー部 SCS13
(SUS304相当)
ねじ部 SUS303
ピン SUS303
コンタクトプレート ガラス繊維強化ナイロン6

特長

  • レバーの上下動作ですばやく締めつけと解放を行います。
  • コンタクトプレート以外の各部品はステンレス製。耐蝕性にすぐれています。
  • ナットと組み合わせて使用してください。締めつけの調整は、ナットで行います。
  • レバー部とピンを完全に固定する構造で耐久性を高めています。くり返しの使用でもレバー部とピンの接触面の摩耗によるガタつきの発生はありません。

使用上の注意

くり返しの使用により、レバー部とコンタクトプレートの接触部が摩耗し、締付力が低下します。定期的に締めつけを調整してください。


使用方法

故障・破損を避けるため、被締結部材への取りつけおよびナットの調整は、レバーを立てた状態で行ってください。

LWBMS-NIカムレバー(おねじ) - 固定タイプ - ステンレス製


レバーを倒す力と締付力の関係

最大締付力はねじ径により異なります。寸法表に記載の最大締付力(kN)を超えないようにしてください。

LWBMS-NIカムレバー(おねじ) - 固定タイプ - ステンレス製


関連商品

同形状でめねじタイプのLWBFS-NIがあります。
LWBFS-NI

LWBMS-NIカムレバー(おねじ) - 固定タイプ - ステンレス製

オールステンレス製のLWBMS-ANIがあります。
LWBMS-ANI

LWBMS-NIカムレバー(おねじ) - 固定タイプ - ステンレス製


関連サービス

商品品番一覧

●NBKウェブサイトに記載の寸法・形状その他の規格は改良のため予告なく変更することがあります。
●NBKウェブサイトに記載の商品の不具合によって発生した損害については、損害を発生させた商品のご購入代金を補償の上限とさせていただきます。
●NBKウェブサイトの制作には正確を期していますが、誤記・脱字による損害については責任を負いかねます。

よく見られている記事