公開日:2020年05月10日

アーム動作時の振動を防止したい【生産性向上】

このエントリーをはてなブックマークに追加

クランプ機構を使用して停止時の反動を抑制しましょう

移動式多関節ロボット

移動式多関節ロボットの足元にクランプ機構を取りつけることで、ラック&ピニオン機構の停止時の反動(バックラッシュ)を抑制することができます。振動が収まる待ち時間の削減により、タクトタイムを改善できます。

推奨商品

リニアガイド用クランプ機構  UBPS

課題・事例 生産性・作業性向上 工作機械 半導体製造装置 食品機械 自動車製造工程 医療機器 FA機器 課題解決事例集 直動サポート
このエントリーをはてなブックマークに追加