公開日:2022年04月25日

装置連結時のボルトと座面の傾きを吸収したい【作業性・メンテナンス】

このエントリーをはてなブックマークに追加

座面とボルトの傾きを吸収できる座金があります

装置と装置を連結する際に、ボルトの傾きが発生しても
球面座金を使用することで傾きを吸収し、しっかり締結することが可能です。

推奨商品

SQWS


課題・事例 生産性・作業性向上 半導体製造装置 特殊ねじ
このエントリーをはてなブックマークに追加