• テンショナー/アイドラー

L

無段変速機(ハギノ式)

Adjustable Speed Device

形状図

L無段変速機(ハギノ式)寸法図

寸法・CAD・価格

単位 : mm

品番 D E G H I J K L M N O P Q R 質量
(kg)
価格
(円)
CAD
ダウンロード
標準品を購入 在庫/非在庫
L-A 78.5 50 105.5 53.5 102 130 38 92 86 19 11 24 113 100 3.2 17,600 CAD カート 在庫品

●変速プーリーとL型スタンドは別売です。

材質・仕上げ

L
スタンド本体・レバー ねずみ鋳鉄
塗装
調節スクリュー SS400
ユニクロメッキ
スクリューピン SS400
ユニクロメッキ
レバーピン SS400
ユニクロメッキ
カラー スティール
ユニクロメッキ
ナックルピン SS400
ユニクロメッキ
ハンドル AC8A
ロックボルト スティール

特長

  • 回転を無段に変速できます。
    ハギノ式無段変速機は、中間軸に変速プーリーを配置し、その位置を変化させることで、ベルトの張力バランスを利用して従動側のプーリーの回転を変速するため、無段階に変速することができます。
  • アライメントが自動的に調整されます。
    両サイドディスクとミドルディスクが自由に軸上を移動。原動側プーリー・従動側プーリーとのアライメントが自動的に調整されます。このため、つねにベルトの中心が保持され、ベルトに無理がかかりません。

プーリーの配置

L無段変速機(ハギノ式)

変速プーリーは、原動軸と従動軸のほぼ中間に、図のように山型になるように配置します。
このときの変速プーリーは中間ピッチ径の状態―変速プーリーのピッチ径および溝幅が、原動側・従動側いずれも同じ―です。
なお、使用条件は表のとおりです。
ベルト形状 min.L
最小軸間距離
(mm)
D/d min.d
最小プーリー径
(mm)
A 400 4.0 50

構造

L無段変速機(ハギノ式)


変速範囲の算出

①変速プーリーを中間ピッチ径Dpで使用する場合(図1)の従動側プーリーの回転数n2を計算式(1)で求めてください。

L無段変速機(ハギノ式)

②変速プーリーを使用した場合の最高回転数n2(max.)は計算式(2)から、最低回転数n2(min.)は計算式(3)からそれぞれ求めることができます。

L無段変速機(ハギノ式)

変速プーリーの変速比 1:2 1:4
p 1.41 2

ベルト長さ

ベルトは、変速プーリーが中間ピッチ径の状態(図1 )にあるときのサイズのものを使用してください。
原動側Vベルト長さL1は計算式(4)から、従動側Vベルト長さL2は計算式(5)からそれぞれ求めることができます。

L無段変速機(ハギノ式)

L無段変速機(ハギノ式)

n1:原動側プーリー回転数(min-1
L1:原動側Vベルト長さ(mm)
n2:従動側プーリー回転数(min-1
L2:従動側Vベルト長さ(mm)


商品品番一覧

L

●NBKウェブサイトに記載の寸法・形状その他の規格は改良のため予告なく変更することがあります。
●NBKウェブサイトに記載の商品の不具合によって発生した損害については、損害を発生させた商品のご購入代金を補償の上限とさせていただきます。
●NBKウェブサイトの制作には正確を期していますが、誤記・脱字による損害については責任を負いかねます。

よく見られている記事