公開日:2022年10月20日 更新日:2022年10月20日

ツールチェンジャ

このエントリーをはてなブックマークに追加

1.ツールチェンジャとは

ロボットアームの先端に取りつけることで、1台のロボットで複数のエンドエフェクタ(ハンド・ツール)を使えるようになる部品です。
ロボットフランジ側とツール側の2種類のパーツから成り立っています。
2種類のパーツが締結したり締結解除したりすることで、アーム先端のエンドエフェクタ部分を効率よく脱着できます。



締結・締結解除に動力が必要なタイプ(電気駆動タイプ、空気圧駆動タイプ)や、締結・解除には動力が不要なタイプなどさまざまな種類が存在します。
ロボットを取り付けないツールチェンジャ(とエンドエフェクタ)を待機させておく部品は「ステーション」と呼びます。

NBKには動力源の違いにより3タイプのツールチェンジャがあります。
それぞれの特長・仕様をご紹介します。

 

2.オートツールチェンジャ

締結・解除のための動力源が不要なツールチェンジャ。機械式に締結・解除します。

強み・特長

・動力源がいらないため小型・軽量・配線不要
・接続フランジのラインアップが豊富。さまざまなエンドエフェクタの自動交換に対応
※手動での交換も可能です

仕様

・電気、空気圧を供給可能※
  ※電気を供給する場合はオプションのエネルギ接続用モジュールが必要です。
・接続フランジはφ40、50、63、80の4種類展開
・オプションの「ツールチェンジャ用エネルギ接続用モジュール」を用いることで電気 0.5~96A、空気圧 -0.06~1MPaの接続が可能に
・可搬質量は13~29kg

 

 

3.マニュアルタイプ

手動での取りつけ・取り外しが可能なツールチェンジャです。

強み・特長

・レバー操作・レンチ操作で簡単に脱着が可能
・一般的なマニュアルタイプのツールチェンジャと比較して、可搬質量が大きい

仕様

・空気圧を供給可能
・オプションの「ツールチェンジャ用エネルギ接続用モジュール」を用いることで電気の供給も可能に
・可搬質量は5~50kg

 

※:オプションの「エネルギー接続モジュール」を取りつけることで供給可能になります。

 

4.空気圧タイプ

空気圧によって締結・解除するツールチェンジャです。

強み・特長

・薄型・軽量モデルから大型ロボット用モデルまで、さまざまなバリエーション
・耐久性が高く長寿命(500万サイクルメンテナンスフリー)
・一般的な空気圧駆動タイプのツールチェンジャと比べて可搬質量が大きい
・一般的な空気圧駆動タイプのツールチェンジャと比べて小型、軽量

仕様

・空気圧を供給可能
・オプションの「ツールチェンジャ用エネルギ接続用モジュール」を用いることで電気の供給も可能に
・可搬質量は2~1000kg

 

 

※:オプションの「エネルギー接続モジュール」を取りつけることで供給可能になります。

 

 

5.その他のロボットハンド関連商品

商品紹介 生産性・作業性向上 自動化・ロボット・電動化 工作機械 食品機械 自動車製造工程 医療機器 FA機器 ロボット周辺機器 グリッパ・ロボットスタンド
このエントリーをはてなブックマークに追加