公開日:2014年06月24日

設計者のためのクランプレバー解説

このエントリーをはてなブックマークに追加

➡「設計者のための機械要素部品解説」一覧へ

クランプレバーとは

クランプレバーとは、工具を使用せず、レバーを回してねじを効率的に締めつけたり、ゆるめたりするための機械要素部品です。レバー部を引き上げることで、ねじ部とのセレーションのかみ合いが解除され、フリー(レバー部を回してもねじ部が回らない)状態になるため、狭いスペースでも操作が可能なことが最大の特長です。

クランプレバーの構造

① 通常はレバー部とねじ部のセレーションがかみ合っているため、レバー部を回すと連動してねじも回ります。
② レバー部を引き上げるとセレーションのかみ合いが解除され、フリー(レバー部を回してもねじが回らない)状態になります。
③ レバー部を離せば、内蔵スプリングの力で自動的にレバー部とねじ部のセレーションがかみ合った状態に戻ります。

クランプレバーの正しい使い方

クランプレバーの特長を利用すると・・・


レバー部を360°回せない場所でも、ねじの締めつけができます。

ねじを締めつけた後は、邪魔にならないようにレバー部の位置をかえることができます。



クランプレバーを使用するメリット

工具レス化による作業効率アップ

クランプレバーを使用することで、レンチやスパナなど、ねじを操作するための工具が不要になり作業効率がアップします。
装置の段取り替えなど、ねじを頻繁に操作する箇所に効果的です。

装置の省スペース化

一般的な工具より、回し半径が小さくねじを操作するためのスペースを削減できます。
NBKのミニクランプレバーシリーズは、さらに回し半径が小さく装置の省スペース化に最適です。
>>ミニクランプレバーシリーズ一覧

作業の標準化に貢献

NBKのクランプレバーはカラーバリエーションが豊富。
操作部位を目立たせたり、色を変えて操作の手順を明確にするなど、作業の標準化に貢献します。



クランプレバーの使用例

シャフトの位置調整

ワークの固定



クランプレバーの種類と特長

スタンダードなものからユニークなものまで豊富なラインアップ。
NBKはお客さまのニーズに合わせたクランプレバーをご提案します。

材質の種類

レバー部の材質は亜鉛ダイカスト・ステンレス・プラスティックの3種類、ねじ部の材質はスティールとステンレスの2種類があります。

材質の種類と特長

レバー部材質 特長
亜鉛ダイカスト 高強度
ステンレス 高耐食性
プラスティック 低コスト
軽量


ねじ部材質 特長
スティール 高強度
低コスト
ステンレス 高耐食性

ねじタイプの種類

ねじタイプは基本的におねじタイプとめねじタイプの2種類ですが、リーマ穴タイプ(シリーズ名:LDR)も標準化しています。

回し半径の種類

回し半径は「標準タイプ」と「コンパクトタイプ」の2種類があります。
「標準タイプ」の回し半径は45mmから108mmの範囲で、ねじサイズにより異なります。
「コンパクトタイプ」の回し半径は全サイズ30mmです。

機能の種類

NBKはスタンダードなクランプレバー以外にも、ユニークな機能を持ったクランプレバーを標準化しています。

操作ボタンつき

操作ボタンがあることで、レバー部を引き上げるとき、力が加わりやすく操作が容易になります。
また、操作ボタンには穴がなく、ごみやほこりがたまりにくい形状です。

フラットタイプ

ねじ部に対して、レバー部が90°の形状のクランプレバーです。上部スペースに制限がある用途に。
>>フラットタイプ一覧

座金組込み

座金が組み込まれたクランプレバー。
装置への組みつけ時に座金を組み込む作業が不要です。

クランプレバー(ばね座金組み込みタイプ)
LDM-W(ねじ部スティール製)
LDMS-W(ねじ部ステンレス製)

クランプレバー(平座金組み込みタイプ)
LDM-LW(ねじ部スティール製)
LDMS-LW(ねじ部ステンレス製)

クランプレバー(長穴用座金組み込みタイプ)
LDM-LWP(ねじ部スティール製)
LDMS-LWP(ねじ部ステンレス製)

偏心カムつき

偏心カムつきのクランプレバー。ワークの着脱がすばやくできます。

偏心カムつきクランプレバー
LDM-EC

アキシアルベアリング内蔵

アキシアルベアリングが内蔵されたクランプレバー。
座面の摩擦を減少させることで通常の2倍の締付力が得られます。

パワークランプレバー
LDBM(おねじ)
LDBF(めねじ)

パッド付き

真鍮パッド、プラスティックパッド、球状パッド、スラストパッドなどがついたクランプレバー。

LDM-BR(真鍮パッドつき)
LDM-PL(プラスティックパッドつき)
LDM-R(球状パッドつき)
LDM-SGB-SBP(スラストパッドつき)
LDM-SGB(ボールポイント)

ユニバーサルデザイン

ユニバーサルデザインの7原則に配慮して設計されたクランプレバーです。
>>ユニバーサルデザインについて

ユニバーサルデザインシリーズ
LUDM(おねじ・ねじ部スティール製)
LUDMS(おねじ・ねじ部ステンレス製)
LUDF(めねじ・ねじ部スティール製)
LUDFS(めねじ・ねじ部ステンレス製)

特長別一覧表

材質 ねじ
タイプ
回し
半径
特長
レバー部材質 ねじ部材質 スタンダード 操作ボタンつき フラットタイプ 座金組込み フラットタイプ
座金組み込み
偏心カムつき アキシアル
ベアリング内蔵
ユニバーサル
デザイン
亜鉛ダイカスト スティール おねじ LDM
LDME
LDM-C LHM LDM-W
LDM-LW
LDM-LWP
LHM-W
LHM-LW
LHM-LWP

LDM-EC LDBM  
LDCM LDCM-C LHCM          
めねじ LDF
LDFE
LDF-C LHF       LDBF  
LDCF LDCF-C LHCF          
ステンレス おねじ LDMS
LDMS-CR
LDMS-C LHMS
LHMS-CR
LDMS-W
LDMS-LW
LDMS-LWP
LDMS-W-CR
LDMS-LW-CR
LDMS-LWP-CR
LHMS-W
LHMS-LW
LHMS-LWP
LHMS-W-CR
LHMS-LW-CR
LHMS-LWP-CR
     
LDCMS
LDCMS-CR
LDCMS-C LHCMS
LHCMS-CR
         
めねじ LDFS
LDFS-CR
LDR
LDFS-C LHFS
LHFS-CR
         
LDCFS
LDCFS-CR
LDCFS-C LHCFS
LHCFS-CR
         
ステンレス ステンレス おねじ LDMS-NI
LDMS-NI-PE
LDMS-AS
    LDMS-W-NI
LDMS-LW-NI
LDMS-LWP-NI
LDMS-W-AS
LDMS-LW-AS
LDMS-LWP-AS

       
LDCMS-NI
LDCMS-NI-PE
LDCMS-AS
             
めねじ LDFS-NI
LDFS-NI-PE
LDFS-AS
             
LDCFS-NI
LDCFS-NI-PE
LDCFS-AS
             
プラスティック スティール おねじ LEM
LEME
LEM-C   LEM-W
LEM-LW
LEM-LWP
      LUDM
LECM LECM-C            
めねじ LEF
LEFE
LEF-C           LUDF
LECF LECF-C            
ステンレス おねじ LEMS LEMS-C   LEMS-W
LEMS-LW
LEMS-LWP
      LUDMS
LECMS LECMS-C            
めねじ LEFS LEFS-C           LUDFS
LECFS LECFS-C            

選定ナビ

ご希望の商品をすばやく探せる、便利な「選定ナビ」があります。
ぜひお試しください。

追加工サービス

NBK商品をよりご使用用途に適応するために、各種追加工を標準化しております。
1個からのご注文も短納期で対応します。

レーザ刻印

クランプレバーに各種マーク・文字をレーザ刻印します。OPEN、CLOSE、矢印などの刻印により、NBK商品をもっと機能的に使いやすくするサービスです。

さらに詳しく >

ねじカット

ねじを1mm単位でお好みのねじ長さにカットします。


さらに詳しく >

ねじ組み合わせ

クランプレバーのめねじ商品とスクリューを嫌気性接着剤で接着後、ピン止めで固定します。


さらに詳しく >

クリーン洗浄

クランプレバーをクリーン洗浄・クリーン梱包します。洗浄・梱包はクリーンルームで行います。 FPD製造装置・半導体製造装置・医療機器・食品機械などに組み込まれる部品やクリーンルームで使用される部品に。

さらに詳しく >



特殊品

レバー部のカラー変更や特殊形状など標準品にないクランプレバーの製作もおまかせください。

設計者のための機械要素部品解説 一覧へ

商品紹介 生産性・作業性向上 小型・省スペース・軽量化 工作機械 半導体製造装置 食品機械 自動車製造工程 医療機器 FA機器 設計者のための機械要素部品解説 機械要素部品
このエントリーをはてなブックマークに追加